FC2ブログ
南原工務店ブログ
北海道岩見沢市の株式会社 南原工務店の日常や仕事(FASの家、建築、建具、新築、増改築、リフォームなど)について
百貨店のダメな理由
 え~
 先ほども書きましたが
 時間がたっぷりあるので
 何を書こうかなぁ~っと思ったら
 やっぱり中心市街地のことかな
 その中で重要な役割が流通

 これでも私
 流通業界に4年勤務していた経験があるんですよ
 (18歳から22歳までの若い頃)
 勤めていたのは後半の2年間は百貨店に鍋や調理器具を卸す
 金物の卸問屋でした
 あの頃は、バブルの終わりかけで
 まだ百貨店に物を置けば売れた時代で
 なんでもいいから商品を置いていた感じでした
 ビタクラフトという高級鍋セット50万円を三越でいっぺんに
 二つ買う人もいましたからねぇ~
 通販で「おかゆちゃん」という、おかゆを簡単に作れるものも
 丸井の通販で何千個も売ったこともありました
 まぁ~そんな思い出はともかく

 ここでは、百貨店について
 
 百貨店とスーパー(GMS大規模小売商業施設)
 と何が違うのか?
 それは、仕入れをするか、しないのかの違いです
 例え、百貨店が仕入れした商品があったとしても
 売れ残れば全て返品可能なのが百貨店です
 知らなかった人はビックリするかも知れませんが

 百貨店は、そんな甘い販売形態なのにも関わらず
 なぜ、数十カ月も連続で売り上げが落ちているのでしょうか?
 それも簡単
 そんなあまぁ~い環境で商売をしているからです
 厳しい環境での商売だからこそ競争力のある商売が生まれる
 甘い環境からは甘い経営しか生まれないということですね

 改善策も簡単
 やってみればいいんですよ
 完全な買い取りの仕入れをやってみればいいのです
 そうなると、今までにない売れ残りリスクが重くのしかかってくるはずなので
 必死に品目や売り方を考えるはずなのではないでしょうか

 今のような、ブランドに場所貸しする不動産屋みたいなことをするだけしか
 利益を生めない経営から
 江戸時代の商いに戻って
 物を作るか買って
 それを売る
 原点回帰が不可欠なことは間違いないでしょう

 今は
 スーパーも売り上げ落ちてますので、単純にそれだけでは不十分な
 対策だと思いますけどね
 
 ちなみに
 スーパー(大規模商業施設)とコンビニ
 どっちが無くなると困ります?

 私は
 コンビニが無くなったら困りますねぇ~
 スーパーがなくてもぜんぜん生きて行けるよなぁ~!
 極論をいうとスーパーはこの世から不要なのでは?
 服はユニクロ
 薬と日用雑貨はツルハ
 家具はニトリ
 ホームセンターはホーマック
 
 残りの食料品だけがスーパーの牙城
 でも、それは大規模商業施設じゃなくても十分OK
 つまり、小さなスーパー
 岩見沢資本のお店ならスーパーハルキのようなお店です


 とどのつまりは、自分で仕掛けた流通革命で天下を取った流通大手も
 三日天下とは言いませんが、残りわずかあと10年弱の命
 現在の百貨店の売上低迷は大規模商業施設没落のカウントダウンのスタート
 でもあるということですね

 現在岩見沢市郊外にある大規模商業施設の売り場面積は
 ナント!
 4万2千㎡(三笠イオン含む)全国では1億㎡
 10年後には、もしかするとゼロかも
 大規模商業施設抜きの消費動向が進めばあっという間
 意外と店子家賃を大きな収入源にしているところは百貨店と同じなので
 一つ狂えば
 一気に壊れる構造なのかも知れません

 さあっ
 これを踏まえた中心市街地活性化を本気で考えなくては
 子供達に、怒られます
 なんで?こんなマチにしたんだっ!
 てね
 自信を持って子供達に手渡したいものです
 この岩見沢市を

 それでは南原でした


↑ぽちっとクリックお願いします♪南原工務店を見つけたらクリックして戻ってきてネ★
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://nanbara.blog34.fc2.com/tb.php/418-9b7950e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Flashカレンダー



プロフィール

南原工務店

Author:南原工務店

(株)南原工務店
↑ ↑ ↑ クリック ↑ ↑ ↑


南原工務店社員
南原 考之(社長)
が随時更新中です。



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリー



最近の記事



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる